Ciscoについて CISCO ブロードソフトは現在シスコの一部です。 詳細はこちら

「ワーケーション」とは? 今注目の新しい働き方を解説

世間で「働き方改革」という言葉をよく聞くようになって久しいですが、まだまだ実践できている企業は少数派。これまでの日本式のワークスタイルをどのようにシフトしていくのか、多くの企業で模索が続いているようです。

そんな中、近頃「ワーケーション」という新たな働き方が注目されています。ワーケーションとは「ワーク」と「バケーション」を合わせた造語で、旅行などで休暇を取りつつ、そこで仕事も行うという考え方。アメリカ発祥のワークスタイルです。今回はこのワーケーションについてご紹介します。

ワーケーションはテレワークと何が違う?

ワーケーションは端的に言えば「休暇の旅行先で仕事を行う」働き方を指しますが、似たようなニュアンスの言葉に「テレワーク」がありますよね。この2つ、オフィスの外で働くという点では似ていますが、いったいどこが違うのでしょうか。

両者を分ける最大のポイントは、テレワークが「働くロケーションは事前申請した場所や会社の指定場所に限られる」のに対し、ワーケーションは「基本的にどこで働いても構わない」という点。ワーケーションなら、帰省先でも旅行先のホテルでも、自分の好きな場所でうまくリフレッシュしつつ働けるわけです。

ワーケーションのメリットとは

ワーケーションが今注目されているのは、ワークスタイル変革の推進や従業員のワークライフバランス改善にとても有用だと考えられているから。そのメリットを見ていきたいと思います。

1.長期休暇が取りやすくなる

日本の働き方で問題とされていることのひとつに、「まとまった休みが取りづらい」という点が挙げられます。ワーケーションなら休暇中の時間の一部を仕事に回せるので、これまでよりも長期休暇が取りやすくなるでしょう。長期休暇が当たり前になれば、従業員の家族との時間が増えたり、旅行先の選択肢が広がったりと、ワークライフバランスの面でも好影響がありそうです。

2.リフレッシュ効果が仕事にもプラスに

働き方改革では「いかに一人ひとりの生産性を上げるか」も課題になっていますが、ワーケーションはその点でも有意義です。普段のオフィスとは違った環境、特に旅行先ともなれば、仕事の前後や合間に得られるリフレッシュ効果は大きいはず。ワーケーション中はもちろん、その後の仕事の生産性にもプラスとなるに違いありません。

ワーケーションが抱える課題

もちろんワーケーションにもいくつかの課題があります。ワーケーション導入を考えるなら、これらの問題について事前に対策を用意しておくべきでしょう。

1.正しく運用しないとかえって休みが減るリスクも

ワーケーションを「休暇中に余った仕事を持ち込む」というような考え方で導入してしまうと、かえって従業員の休みの時間が減ってしまう結果になりかねません。また、ワーケーション導入で仕事とプライベートの境界が曖昧になってしまい、ワークライフバランスが悪化するリスクもあります。

こうした事態を避けるには、「ワーケーションはあくまでもっと休暇を取りやすくするためのもの」という意識づけと、たとえばワーケーション適用を長期休暇の場合のみに限るなどといった運用面での工夫が大切です。

2.コミュニケーションの取り方には工夫が必要

ワーケーションではメンバーと直接顔を合わせることなく働くわけなので、連絡をこまめに取ったりライブミーティングを活用したりと、コミュニケーションの取り方を工夫しなければなりません。ビジネスチャットなどのツールを導入することも検討すべきでしょう。

ワーケーションにぴったりなブロードソフト製品

ワーケーション成功に欠かせない円滑なコミュニケーションを実現するのにおすすめなのが、ブロードソフトのUC-Oneです。UC-Oneはチームでのコラボレーション効果を最大化することにフォーカスした、新しいオールインワンアプリ。チャットから音声通話、ライブミーティング、ファイル共有まで、ログインするだけでいつでもどこでも利用できます。

無料デモもご用意していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。UC-Oneについて詳しくは以下のページをチェック!

ブロードソフトUC-One:チームワークがもっと楽しくなるビジネスコミュニケーションのアプリ