Ciscoについて CISCO ブロードソフトは現在シスコの一部です。 詳細はこちら

ブロードソフトが全社一丸となって取り組むワークスタイル変革

世界中で、画期的なクラウド型ユニファイド・コミュニケーションサービスを提供しているブロードソフト。日本でもユニファイド・コミュニケーションに対する関心が高まる中、この分野のパイオニアであるブロードソフトは、大きな存在感を示しています。

ユニファイド・コミュニケーションの最大のメリットのひとつは、リモートワークを始めとする新しい働き方の実現が容易になることです。今回は、ワークスタイル変革に対するブロードソフトの取り組みについてご紹介します。

ワークスタイル変革の流れをリードするブロードソフト
近年「生産性向上」や「ワークライフバランス」の重要性が広く認識されるようになり、その流れでワークスタイル変革への注目度が上がってきています。日本政府も「テレワーク月間」を主導するなど、まさに官民挙げた取り組みが加速していると言えるでしょう。

ブロードソフトは日本のマーケットに進出して以来、一貫してワークスタイル変革の大切さを訴え、ユニファイド・コミュニケーションやその他のクラウドツールを利用した新しい働き方を提唱してきました。これまでに多くの企業様がブロードソフト製品を採用し、新時代のワークスタイルを体感しています。

全社一丸で新しい働き方にチャレンジ
ただ製品を提供してワークスタイル変革を提唱するだけではなく、全社を挙げて率先して新しい働き方にチャレンジするのがブロードソフト流です。ブロードソフトジャパンには、オフィスに通勤せず、ブロードソフトのUC-Oneなどを使ってリモートワークをしている社員が大勢います。

中には海外からリモートワークで働いているメンバーもおり、社内には「新しい働き方を率先して体現しよう」という自由な気風が満ち溢れているのです。また、子育てをしながらリモートワークで仕事を両立している社員もいます。このようにブロードソフトは、誰にとっても働きやすい会社を目指しています。

ブロードソフト製品が可能にする「未来の働き方」
こうしたブロードソフトの取り組みを支えているのが、ブロードソフト製品が持っている最新の機能とフレキシビリティです。ビデオカンファレンスシステムやクラウドPBX、ビジネスチャットなどが一体となったUC-Oneなら、場所や時間に縛られない自由なワークスタイルが可能になります。ご関心のある方は、ぜひ弊社までお問い合わせください!

▼ブロードソフトの採用情報はこちらをチェック