Ciscoについて CISCO ブロードソフトは現在シスコの一部です。 詳細はこちら

ブロードソフト製品はどこが違う? 他にはない3つの特徴

クラウドベースのユニファイドコミュニケーション「UCaaS」は今、導入企業が増えている注目ジャンルのひとつ。2020年までに、クラウドのマーケットシェアは従来型のオンプレミスを超えると見られています。

そうした中UCaaSを提供するプロバイダも多数に上り、それぞれのサービスの特徴やメリットを見極めるのは簡単ではありません。今回は、UCaaSのパイオニアであるブロードソフトの製品はどこが違うのか、他にはない3つの特徴をご紹介します。

1.世界での高いシェアとグローバル基準の品質

ブロードソフトは、世界のクラウド市場で約40%もの圧倒的なシェアを持つリーディングカンパニーです。だから、サービスの安定稼働、継続性、サポートなど、様々な面で安心感が違います。回線契約数は1,500万件を超え、数々の大企業や政府機関、教育機関などがブロードソフト製品を採用。グローバル基準の安定した稼働率や通話品質が、日本でも評判を呼んでいます。

現在国内でも、業種や規模を問わずブロードソフト製品を導入される企業様が増加中です。事例紹介のページもぜひご覧になってみてくださいね。

2.徹底したモバイル対応

今やスマートフォンやタブレットは日々の業務に欠かせない存在ですが、完全なモバイル対応がなされているUCaaS製品はまだまだ数が少ないのが現実です。UC-Oneを始めとするブロードソフト製品は、フル機能がスマートフォン向けにネイティブ対応。オフィスでも外出先でも自宅でも、同じようにコミュニケーションが取れます。完全モバイル対応のブロードソフト製品は、働き方改革の推進やテレワークの導入にもぴったりです。

いつでもどこでも便利に使えるコミュニケーションツール「UC-One」については、こちらをチェックしてみてください。

3.多彩な製品ラインナップとシームレスな連携機能

ブロードソフトは、多様なビジネスニーズに応じた多彩な製品ラインナップを提供しています。社内コミュニケーションを円滑にするUC-One、チームでのコラボレーション作業を強化するTeam-One、それにコンタクトセンターをクラウド化するCC-One。それぞれのサービスはシームレスな連携が可能になっているので、トータルでビジネスの効率を大幅アップさせることができます。

弊社では、皆様からのお問い合わせを随時受け付けています。製品の機能や導入効果などについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ下記フォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ