Ciscoについて CISCO ブロードソフトは現在シスコの一部です。 詳細はこちら

BYODを導入する際に検討しておきたいチェックポイント

働き方改革が広がるにつれて、BYOD(Bring Your Own Device)を導入する企業が増えています。BYODとは、従業員の私用端末(スマートフォンなど)の業務利用を、会社の管理の下で認めるワークスタイルのこと。モバイルワークやテレワークを低コストで導入できるというメリットがあります。

BYODは生産性向上にも有効なソリューションですが、一方でセキュリティ面の不安がつきまとうのも事実です。そこでこの記事では、セキュアかつ効果的にBYODを導入するためのチェックポイントをご紹介します。

利用できるデバイスの条件を決める

BYODを導入すると言っても、従業員が持っている端末すべてを無条件に利用可能な端末として認めるわけにはいきません。OSのバージョンが古いとセキュリティ上のリスクが高まりますし、管理ソフトを導入する場合は対応デバイスに制限があります。BYODを導入する際は、利用できるデバイスの条件(OSバージョン、スペックなど)を事前に策定しておきましょう。

セキュリティ対策を講じる

セキュリティ対策では何より、指定したセキュリティ対策ソフトのインストールを必須にすることが大切です。「パソコンにはセキュリティ対策ソフトを入れているけれど、スマートフォンには入れていない」という人は多いので、きちんと周知をする必要があります。スマートフォンのPINコードロックを義務化するのもおすすめです。また、外部のWiFiを使用することが考えられる場合は、VPNサービスの利用を検討するといいでしょう。

通信料金の扱いをどうするか決める

営業など外回りの仕事が多い部署だと、BYODやモバイルワークの導入で従業員の通信コストが上がってしまうこともあります。この場合、通信料金の補助をするかどうか検討しなければいけません。オフィス外に出ることが少ない仕事・部署であれば、社内に従業員専用のWiFiを導入するのも効果的です。

研修カリキュラムとサポート体制を構築する

BYODでセキュリティ関連のリスクを下げるには、研修を行って従業員の意識を高めることも必要です。BYOD対象の社員には、必ず研修の機会を取るようにしましょう。またBYODを運用していると、始めのうちは導入ツールやセキュリティ、ルールのことなどで様々なトラブルや問題が発生することも考えられます。専門のサポート部門を設けるなどして、充分なサポート体制を構築することも欠かせません。

ブロードソフトのUC-Oneは、BYODやテレワークにぴったりの、新しいビジネスコミュニケーションプラットフォーム。音声・ビデオ通話やビジネスチャット、画面共有など豊富な機能が、あらゆるデバイスでセキュアかつ便利に利用できます。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ブロードソフトUC-One