Ciscoについて CISCO ブロードソフトは現在シスコの一部です。 詳細はこちら

News

7月24日のテレワーク・デイも視野に

東京, 2017629エンタープライズ・コミュニケーション(UCaaS/CCaaS)サービスを提供する世界的なクラウドサービスプロバイダ BroadSoft, Inc. (NASDAQ: BSFT)(以下、ブロードソフト。日本法人はブロードソフトジャパンと記載)は、クラウドを活用した柔軟な働き方をより推進するため、日本政府が提唱する「テレワーク・デイ」をサポートする意向を表明しました。

「テレワーク・デイ」とは、内閣府および各省が東京都及び経済界と連携して行っている国民運動で、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として国民全体で働き方を変えていこうという強い意向が打ち出されています。今年度は2017年7月24日の午前中に、参加企業・団体で一斉テレワークが実施される予定です。

ブロードソフトはUCaaSを活用したより柔軟で便利なワークスタイルの確立を目指して、クラウドコミュニケーション(UC-One)、チームコラボレーション(Team-One)、コンタクトセンター(CC-One)プラットフォームを提供。現在は世界のトップサービスプロバイダ600社以上にサービスを提供するグローバルブランドとして知られています。

telework

ブロードソフトジャパンでは自社のクラウドプラットフォームを利用して日常的にテレワークを実施しており、中には日本法人に在籍しているが夫の赴任に伴い海外からテレワークで勤務している社員や、出産を控えているため完全在宅で働く社員も。都内のオフィスで働く同僚たちとは日々オンラインでコミュニケーションを取り合い、強力なチームワークをバックに仕事と向き合っています。

同社は現在、新規採用も積極的に実施。特に出産を経て社会に復帰したい女性やテクノロジーを活用した柔軟なワークスタイルに興味がある人材を募集中。子育て中で勤務時間を限定したい、などの要望にもフレキシブルに対応する意向を示しています。