Ciscoについて CISCO ブロードソフトは現在シスコの一部です。 詳細はこちら

ブロードソフト製品でチームコラボレーションをもっと簡単に

日々の業務をより効率的に進め、チーム全体の生産性を高めるには、適切なコミュニケーションの構築と、それを支えるコラボレーションツールの存在が不可欠です。どんなに優れたチームメンバーが揃っていても、連携が上手く行かなければ、良い結果は生まれません。

しかしテクノロジーの進化に伴い、チームのあり方が徐々に変化するにつれ、固定電話やメールといった従来型のツールだけでは、効果的なコラボレーション体制を構築することが難しくなってきています。今回は、今の時代に適した新しいチームコラボレーションの形について、見ていきましょう。

新しい時代の「チームコラボレーション」の形
国内におけるビジネス環境の変化や、働き方の多様化が進む中、もはやアウトソーシングの活用やフリーランサーとの協同は珍しくなくなりました。むしろ今では、社外のメンバーが一切関わっていないチームを探すほうが難しいと言えるでしょう。

外部のチームメンバーやエキスパートの力を借りることで、より幅広いスキルを持つ人材を確保でき、さらに全体的なコストを抑えつつ、プロジェクトの進行を速めることができます。また、多様なバックグラウンドを持ったメンバーを迎えることは、チームのクリエイティビティを高めることにも繋がります。

必要な機能がひとつにまとまったブロードソフトのTeam-One
このようにアウトソーシング、あるいはフリーランサーの活用はますます一般的になってきていますが、ここでひとつの問題が生じます。従来型のコミュニケーションツールだけでは、こうした外部メンバーとのコラボレーションに上手く対応できないのです。

そこで今注目を集めているのが、ブロードソフトのクラウド型チームコラボレーションプラットフォーム、「Team-One」です。Team-Oneなら、ビデオカンファレンスや音声通話、チャット、ファイル共有、タスク管理など、今の時代のチームコラボレーションに欠かせない機能がひとつに。クラウドベースなので、メンバーのいる場所や利用環境も選びません。Team-Oneは、すでに世界中で数多くの企業が採用しています。

メンバーの追加はかつてないほど簡単に
ブロードソフト製品では、外部メンバーをプロジェクトに追加するのも驚くほど簡単です。新たにチームメンバーを増やしたいときは、追加したいメンバーのメールアドレスを登録して招待するだけ。まさに現代のワークスタイルに最適な、シンプルで効率的な追加方法だと言えます。

Team-Oneをはじめとするブロードソフト製品にご関心のある方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください!