ユニファイドコミュニケーション

サービスプロバイダ向けに設計された、総合的なユニファイドコミュニケーション

IDCの調査によれば、ユニファイドコミュニケーション市場は2018年までに270億米ドル(約3兆円)規模に達するといわれています。現在、多くの企業がクラウドベースのUCソリューションに続々と移行しており、サービスプロバイダ各社にとっては既存のコミュニケーションサービスをトレンドに合わせて近代化させ、ユーザー毎の平均収入増加、新規収益の創出を狙うことができる又とないビジネス機会となっています。

BroadSoft UC-Oneは、サービスプロバイダ向けに設計された総合ユニファイドコミュニケーションサービスです。市場・企業規模を問わず、あらゆる企業のニーズに対処する柔軟性に富んだツールを提供し、サービスプロバイダ各社のマーケットシェア拡大と収益アップを実現します。

hosted-pbx-icon-111914

ホステッド PBXの特徴 – ユニファイドコミュニケーションサービスに不可欠なビジネスフォン機能が充実しています。FMC機器への同時発信が可能となるシンプルな「find me/follow me」機能から、私用の携帯電話を用いた社内電話の発信・受信まで、UC-Oneではビジネスフォンをより便利にお使いいただくための機能を数多くご用意しています。またUC-OneはCall CenterやACDなどの拡張電話機能、およびIVRやReceptionistなどのフロントオフィスアプリともシームレスに連携。まさにオフィス電話のあらゆる可能性を追求したサービスです。

business-trunking-icon-111914

SIPトランキング – 企業規模を問わず、多くの企業がレガシーPBXの基盤を設置しています。BroadsoftのSIPトランキングは、従来型のPBXユーザー向けにUC-Oneの拡張版を提供する機能です。これにより、既存のインフラを一定期間交換することなくビジネスでUC機能をご利用いただけます。Broadsoftの相互運用テクノロジーはすべての主要なPBXに対応しており、運用手順もシンプル。UCないしCall Center やIVRなどのその他拡張サービスをあらゆるネットワークアーキテクチャ上で利用できます。設置後すぐに使用できるため、商品化をお急ぎの場合にもお勧めです。

imp-icon-111914

インスタントメッセージング&プレゼンス – ユニファイドコミュニケーションを語る上で最もポピュラーな機能として知られるのが、このインスタントメッセージング&プレゼンス(IM&P)です。同僚のプレゼンス状態(連絡可能か否かなどの業務状態を表示)をすばやく確認し、最適なコミュニケーション方法を選択することができます。電話やカレンダーを使ってプレゼンスインジケーターを簡単に更新できるため、常に正確な状態が可能という点も魅力です。また通常のプレゼンス状態に加えて位置情報やタイムゾーンなどの詳細も表示され、同僚が勤務している時間帯を正確に把握した上で連絡を取ることができます。UC-Oneアプリからは全社員にインスタントメッセージを送信することが可能。すばやく円滑なコミュニケーションを促進します。

desktop-sharing-icon-111914

デスクトップ&ファイル共有 – UC-Oneのデスクトップ&ファイル共有アプリを使用することで、意思決定を効果的に進めるために不可欠な情報を無料で、かつ高速で共有することができます。デスクトップ共有機能では今いる場所のネットワークを利用して、プレゼンテーション、スプレッドシート、その他メディアの内容を開示・共有できます。またUC-Oneアプリにファイルをドラッグ&ドロップするだけで文書を共有できる「ファイルプッシュ」機能は、ワークフローの高速化、および職場内のコラボレーション活性化に役立ちます。もう、Eメールのファイルサイズ制限に煩わされることもありません。

video-icon-111914

ビデオコラボレーション – 対面でのコミュニケーションは、情報の理解度アップとミーティング時間の短縮につながることが証明されています。UC-Oneのビデオコラボレーションはワンクリックで多人数での音声&ビデオ通話を開始できる便利な機能で、リモート勤務の社員や別の拠点とのコミュニケーションに最適です。BroadWorks Collaborate Server経由の場合は32人の参加者の同時接続が可能。より大規模な会議を行う際には、業界標準のテレプレゼンスシステムを使用することもできます。

my-room-icon-111914

マイルーム – ユニファイドコミュニケーションツールを仮想の「ルーム」と組み合わせることで、面倒なブリッジ番号やパスコードなどを送信せずにUC-Oneのツールが使用できるユニークな機能です。UC-Oneのユーザーは全員、それぞれのマイルームを利用してミーティング、チャット、デスクトップ共有、音声&ビデオ通話を簡単に行うことができます。またマイルームにはミュートや解散など、ミーティングをスムーズに進行するためのモデレータ(ミーティング統括責任者)用の制御機能も準備されています。

client-icon-111914

クライアント – インターフェースはユニファイドコミュニケーションの礎となる重要な存在です。UC-Oneでは感覚的に操作できるユーザーフレンドリー設計のクライアントを採用。コンピュータ、スマートフォン、タブレット上のほぼすべてのプラットフォームで、アプリをひとつ起動するのみでさまざまなUC機能をご利用いただけます。UC-Oneクライアントはビジネスフォン機能、IMの送受信、音声、ビデオ、デスクトップ共有などを通じたコラボレーションで、ビジネスの生産性向上とプロセスの効率化における「最高のユーザー体験」を実現します。