BroadWorks

ユニファイドコミュニケーションサービスにかかる総コストをより低く。可視化されたUCソフトウェアプラットフォーム

当初より、BroadSoftはソフトウェアベースの音声アプリケーションの開発および販売に注力してきました。こうして完成したのが、Broadsoftの主力製品であるボイスオーバーインターネットプロトコル  (VoIP) アプリケーションプラットフォーム「BroadWorks」です。サービスプロバイダはこのプラットフォームを活用して、法人ないし個人のエンドユーザーに基本/拡張型の音声サービスを提供することができます。

BroadWorks はIP-マルチメディアサブシステム (IMS) 環境向けの主力アプリケーションサーバーです。特定ネットワークに依存することなく、各キャリアのサービス範囲拡張、固定電話と携帯電話の融合 (FMC)、スムーズなアプリ統合、および運用コスト削減を実現します。

BroadWorksの機能は、Voice Messaging(ボイスメッセージング)、Conferencing(会議)、IVR(自動応答)などのメディア指向型サービスからSelective Call Forwarding(選択型電話転送)、Simultaneous Ringing(同時発信)、名前ダイヤルなどの指名通話機能まで多岐に渡っており、他では得られない充実した通信サービスの提供が可能となります。これらの機能を複数のデリバリネットワークと端末装置に組み合わせることで、キャリアとしてのサービス範囲が更に広がります。

統合サービス環境の提供に加えて、BroadWorksは既存ネットワークが抱える諸問題にも対処することができます。BroadWorksは言い換えれば、サービスプロバイダが顧客に対して「より高度なサービスを提供できる」環境を提供するWebソリューションです。ユーザー管理および構成は標準Webポータルを通じて行うことができます。またこのポータルには基本の電話機能が付随しているため、既存のサービス(会議通話や電話転送など)も使いやすく、新規サービスの実用化も簡単という点が特徴です。

例えば、BroadWorksではWebページまたは無線携帯情報端末 (PDA) 上で数回クリックするだけで、特定の電話を社内電話から携帯電話へ転送することができます。Centrexのような従来型のサービスでは、電話を1件転送するにもユーザーとプロバイダの双方が非常に複雑な手順を踏む必要があり、時間が取られてしまうという課題がありました。

BroadWorksプラットフォームは、共通プロトコル(Session Initiation Protocol [SIP] など)を用いる標準ベースのモジュールアーキテクチャ、オープンインターフェース、およびスケーラブルな業界標準のハードウェア上で動作します。BroadWorksのオープン環境を利用して、プロバイダおよびその他サービス開発各社は新規サービスの導入や新規アプリケーションのローンチを迅速に進めることができます。

BroadWorksは標準ベースのサービスデリバリプラットフォームを活用したユーザー向けサービス、管理機能、メディア機能を搭載しています。これらのシステム機能を複数のサーバーを介して配信することで、IMS仕様に合った最適なパフォーマンスを実現できます。

BroadWorksについての詳細は弊社までお問い合わせください。