「モバイルの時代」が企業にもたらす新しいワークスタイル

私たちの暮らしは今やすっかり、「スマートフォン中心」のライフスタイルとなりました。世代を問わず、多くの人がスマートフォンのアプリで日々のタスクやコミュニケーションをこなすようになり、プライベートではほとんどパソコンを使わないという人も増えています。

このように現在はまさに「モバイルの時代」とも言える新たな時代に突入していますが、その現象が今、ビジネスの世界にも影響を与えつつあります。今回は、スマートフォンの普及がどのようにワークスタイルを変えていくのか、見ていきたいと思います。

拡大するスマートフォンのビジネス利用
若い世代に限らず、誰もがスマートフォンを使いこなすようになってきている中、自然な流れとしてスマートフォンのビジネス利用が拡大しています。

プライベートでのスマホ活用と言えば、チャットや電話、インターネットのブラウジング、オンラインショッピング、さらにゲームなどが主な用途でしょう。それに対してビジネスでのスマホ活用として、ビジネスメールやビデオカンファレンス、ドキュメントの閲覧といったタスクをスマートフォンで行うビジネスマンが急増中です。さらに大多数の人は、自分のプライベート端末で同時に仕事をこなしたいという要望を持っています。

企業と社員、双方のニーズに応えるモバイル
スマートフォンのビジネス利用は、当然働く側にとっては多数のメリットがあります。モバイルを仕事で活用できるようになれば、時間や場所に縛られることなくフレキシブルに働くことが可能になりますし、ワークライフバランスの改善を図ることもできます。

一方、雇用する企業の側にとっても、ビジネスにおけるモバイルの活用は大きなメリットがあるのです。モバイルの活用によるコミュニケーションの活性化は生産性の向上に寄与しますし、モバイルで利用可能なクラウドツールを導入することによって、多くのコストを削減できます。

モバイルを活用する上で重要なこととは
モバイルをビジネスで効果的に活用していくには、いくつかの原則を意識する必要があります。たとえば、どのデバイスから業務ツールにアクセスしても、同じ機能を同じように使えることは非常に大切です。いくらモバイルで利用可能だったとしても、使える機能が著しく制限されていたり、使い勝手が普段と異なっていたりすれば、生産性の向上は見込めません。

また、モバイルで仕事をするにあたっては、アプリのインターフェイスのシンプルさや使いやすさが大切な鍵になります。スマートフォンの画面は当然パソコンよりも小さいですし、多くの場合物理キーボードは使えません。そのため、スマートフォンで効率的な業務を行えるかどうかは、アプリのインターフェイスによって大きく左右されてしまうのです。

さて、これらのポイントを押さえて、本当に有用なモバイル活用を実現するには、ブロードソフトのクラウドプラットフォームが最適です。クラウドとモバイルのメリットが最大限に活かされたブロードソフトのソフトウェアで、新しい働き方を開拓してみませんか?少しでもご関心のある方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください!