Ciscoについて CISCO ブロードソフトは現在シスコの一部です。 詳細はこちら

UCaaSが中小企業にこそ最適な5つの理由

ユニファイドコミュニケーションをクラウドベースのサービスとして利用できるUCaaSは、今注目のテクノロジーのひとつ。昨今話題の働き方改革やテレワーク推進にもぴったりのソリューションとして人気を集めています。

最新のクラウド製品というイメージがあるUCaaSは「大企業向けなのでは?」と思われがちですが、そんなことはありません。むしろUCaaSは、中小企業にこそおすすめなソリューションなんです。その理由を5つご紹介します。

1.初期費用やランニングコストが抑えられる

オンプレミスで社内コミュニケーションを整備するのと比べると、UCaaSは初期費用がずっと安くて済みます。それにランニングコストも月々支払う定額の費用だけなので、コストの予測が簡単で、不定期のメンテナンス費用などが発生しません。

2.事業の成長に合わせて柔軟にプランを変更できる

事業の成長に伴ってより多くのキャパシティが必要になっても、UCaaSならプランを変更するだけで簡単に対応できます。繁忙期と閑散期でプランを切り替えるというフレキシブルな対応も可能で、スモールビジネスにはぴったりです。

3.大企業並みのコミュニケーション環境を整備できる

UCaaSは、世界中の大企業が利用している最先端・高品質のプラットフォーム。そんなコミュニケーション環境を特別な投資をすることなく整備できるのは、UCaaSならではの魅力です。一流の社内コミュニケーション環境を整えることは、コラボレーションの円滑化や生産性の向上にもつながります。

4.常に新しいテクノロジーが使える

UCaaSでは、月々の料金を支払っているだけで、いつも最新の機能アップデートが利用できます。新しいテクノロジーを使うのに、別途の費用を払う必要はありません。これは常に新しい技術を好む傾向にある若い世代の社員のモチベーションをキープすることにも貢献するはずです。

5.いざというときのBCP対策にもなる

クラウドベースで稼働するUCaaSは、いざというときのBCP対策にも最適です。万が一会社が災害などでダメージを受けたとしても、UCaaSであれば引き続き問題なくコミュニケーションを取り続けることができます。

いち早くクラウドに着目し、長年にわたってUCaaS製品を提供してきたブロードソフトは、その信頼性とコストパフォーマンスの良さが評価され、世界トップクラスのシェアを獲得しています。ご関心のある方は、中小企業にもぴったりなブロードソフトのUC-Oneをぜひ一度チェックしてみてください。

ブロードソフトUC-One:ビジネスが「いつでも・どこでも」つながる